従業員のマイナンバー収集代行

main-img

マイナンバーは国内に住民票がある人に与えられる番号で12桁の数字です。



これら住民票住所に通知カードという形で知らせられ、それを本人確認ができる個人番号カード申請することができます。

マイナンバーも目的はこれまで縦割りで管理されていた行政の管理をより効率化するためと、公平公正に社会保障が受けられるようにすることなどがあります。

一流のマイナンバーのサービスならお任せください。

個人的に行政機関でなにか手続きを行う場合は本人が直接手続きをすることになり、そこで本人確認などを行い手続きをすることになります。


しかし会社も社会保険、税金の分野で行政へ手続きをしなければなりません。


番号だけ収集して行政へ申請しても手続きができないことになり、会社として本人確認を行いマイナンバーを管理しなければならないのです。
これら収集をして管理するためには個人情報として取り扱うことが必要となります。要は行政同じような番号の本人確認業務を事前に行って保管をしておかなければならないということになります。


その方法も管理する場所を決めたり、システムで管理するためにもアクセス権の設定からセキュリティ対策を行わなければならないのです。

会社で収集するためにはこれだけ準備が必要となりますが、収集代行に依頼することでこれら環境が整ったところへ委託をすることができます。


会社は収集代行先に対象者の情報を渡して、そこから本人に対してマイナンバーや本人確認ができるものを収集します。
収集代行で集めた情報をセキュリティのある仕組みで管理をしてもらうという方法です。

有名なマイナビニュース情報がリニューアルしました。

社会をよく学ぶ

subpage01

マイナンバーというのは国民に割り当てられた番号のことです。これは12桁あり一人にひとつの番号となり同じ番号はありません。...

more

納得の事実

subpage02

2016年1月から本格的に施行された社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)ですが、個人番号が記載されたカードを取得するまでの煩雑な作業は誰もが経験済みでしょう。この制度により、源泉徴収票や支払い調書の発行、社会保険や税の手続きに個人番号が必要となったため、企業は従業員やその扶養家族、弁護士や税理士などの個人取引先、株主から個人番号を収集して管理する作業に追われることになりました。...

more

1から学ぶ社会

subpage03

マイナンバーは個人を特定する重要な情報であるばかりでなく、今後様々な情報が連携されると予想される非常に重要な情報です。その為、その取扱いに於いては細心の注意が必要であるとともに、第三者に悪用される事の無いような取り扱いを行うことが大切です。...

more

最新考察

subpage04

マイナンバー制度の施行から半年が経過し、生活の中で個人番号を使用する機会があったという方も増えてきているのではないでしょうか。現段階では雇用保険の資格取得手続きと源泉徴収発行事務においてマイナンバーが使用されています。...

more